Facebookページのフォロワーが、1万人を超えました。世界に向けてのプロモーションでしたので、100を超える国と地域からスタジオワークについて興味のある方々が、フォロワーとして支持して頂くまでに成長を遂げました。ヨーロッパや北米地区は勿論ですが、アジアでの人気が強く、新興国に対して、音源制作の需要を取り込みたいと考えています。 Facebookページを立ち上げた当初は、半信半疑でスタートしたのですが、気がつけば数千のフォロワーに支持して頂き、一度記事を書けば必ず1000人以上の人たちが読んでくれるサイトになりました。スタジオワーク、特にミキシング・マスタリングにおいては完全なるオンラインで成立する時代に突入し、レコーディングにおいてもギターリストはイギリス人、ピアニストはフランス人、プロデューサーはアメリカ人、そしてミキシング・マスタリングをこちらが担当するということもあります。この場合、アーティストやプロデューサーと会うことはなく、全てメールとファイルのみのやり取りで、レコーディングも各国で独自に行なったものが送られてきます。完全に世界はインターネット上で一つにつながっており、その波にどういう形で乗るかがネックとなるビジネスに成長しています。 日本ではまだまだ、オンラインでマスタリングという概念がないかもしれませんが、世界に目を向ければメジャーのシーンでは完全にオンライン化が進んでいます。むしろそれが常識であり、最も無駄のないやり取りが可能ということで好まれている一面もあるかと思います。 ただこの仕事の方法は、大前提となる信用が世界の中で絶対的である必要性が有り、受注するのは簡単なことではありません。しかし、仕事のレベルは非常に高く、質の高い音源が渡されることがほとんどなので、負担も大きいですがやりがいも大きい仕事です。 そのきっかけとなるFacebookページで、先ずは1万のフォロワーを獲得できたことは、非常に大きな第一歩と言えます。

モニタースピーカー

ドイツが誇る、最新鋭のスピーカーメーカー Kii Audio から、5.1ch サラウンドシステムでのエンドース契約を打診され、今日契約にこぎつけました。写真は実際にドイツで試聴した際の、ベルギー国境にある、クリスCEO宅のリスニングルームです。 コンパクトなボディながら、ラージスピーカーと変わらない1500wを絞り出すパワーと、6つのツイーターから発せられる下から上までまんべんなく、突き抜けるようなクリーンサウンドが印象的で、これまでのどの部類のスピーカーにも当てはまりません。正に次世代のモニターシステムと言えるでしょう。 このスピーカーを基に、5.1chのサラウンドを組むという、世界初の試みをCEOから打診されるという、非常に光栄と言える待遇を今回受けることが出来ました。これでデュッセルドルフ周辺のメーカーからのエンドースメント契約は4社になり、シューマンが愛した土地、加えて病状のシューマンをブラームスが支えたという逸話や、詩人のハイネを始め芸術家たちを育んできた地域からの公認は、アーティストとして、またエンジニアとしてこの上ない喜びです。

Kii Three コントローラー

また、コントローラーがデジタル接続でき、音声を劣化無しで送信できるシステムも選択できます。PCM384kHz、DSD5.6MHzまで対応しており、現在の最も多いスタイルのレコーディング・ミキシング・マスタリングには、充分と言えるスペックを誇っています。 このスピーカーに関しては、オーストリアの頑固一徹のマスタリングエンジニア、ホルストが絶賛しており、彼は余りにこのスピーカーに惚れ込んだということで、ディストリビューターとしても活動しています。最初にこのスピーカーの存在を知ったときに、「あのホルストが良いというのならば、もしかしてこの一風変わった機材は本当に良いのかもしれない」と考えていました。 また、アビー・ロード・スタジオの機材コンサルティングをしているトムからも、そのポテンシャルの高さを知らされ、非常に興味を持ったことも、この度の一件で思い出しました。 兎にも角にも、先ずはこの日本未上陸の機材をスタジオに導入し、自らが使用してみたいと思います。

今週は、レコーディング・ミキシング・マスタリングなどの新製品がLAのNAMM SHOWで発表されます。既にエンドース先からは、新製品の話を聞いており実機のデモもさせて貰っています。特にマスタリングは次の世代に突入することを予測できる動きがあり、音そのものは新世代へと移り変わります。その動きを主導するのは、やはりドイツを中心とするヨーロッパ勢で、ハイレゾに対応する事は勿論、それ以上に各機材の考え方が異次元の場所にあります。 1つヒントとなるのは、近年のコンプレッサーは立ち位置が全く変わり、所謂音圧を上げていくための道具ではなくなったということです。その最たる姿が、SPLのIRONだと思うのですが、真空管を用いながらも40kHz周辺まで対応するとともに、更には「音の景色を変える」機能が組み込まれています。これは、SPLのプロダクトマネージャーであるSaschaから聞いた話で、彼は明確に「景色を変える機材がコンセプト」と話していました。 残念ながら日本では彼らが何を持ってして開発を行っているのか?若しくは、どいう使い方がフォーマルとされるのか?などの考え方が全く浸透していません。恐らくは、彼らに実際会い、音を目の前にして話を進めないと教えてもらえないことかもしれませんし、聞く側にもそれなりの能力と理解力がないとメーカー側も話をしてくれないのかもしれません。この辺りの考え方・方向性については、自分が広めていく必要があるのかもしれないと思っています。 兎に角、今週のNAMM SHOWは、真新しい機材が多数発表されるはずです。 楽しみです。